• トップ /
  • 不動産経営で使える資格

宅地売買有資格者について

不動産経営で使える資格

不動産経営であると良い資格

不動産経営を行っているオーナーも、投資のコンサルティングを行っている会社でも、取引金額がかなり高額となる不動産投資では、しっかりと知識を身に付けておくことが失敗しないためには重要となります。必要とされる資格としては、宅地建物取引業を行っているコンサルティング会社などの場合には、宅地建物取引士が必要とされることとなります。宅地建物取引士の資格試験の内容としては、不動産経営でも役立てることが出来る不動産取引に関連した、都市計画法や宅地造成等規制法、建築基準法などの法律やマンション管理適正化法などの法律から出題がなされます。試験の内容は択一式となっているので、難易度はそれほど高くないので、取得しやすい資格となっています。不動産経営を行っているオーナー自身も投資対象となる不動産の収益性を判断するケースなどで、役に立つ資格となるので、難易度も比較的高くないので挑戦すると良いでしょう。不動産経営をサポートする立場にあるコンサルティング会社の担当者の場合、難易度が高い、一級建築士や不動産鑑定士などの国家資格を取得しておくと、顧客からの信頼度も高くなるでしょう。建築士の知識は、建物の技術的な状況判断に役立つものとなります。

↑PAGE TOP